So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

9月定例研修会 L5の牽引操法 [研修会レポート]

9月17日(日)大阪の上本町 吉野旅館にて定例研修会が行われました。


【研修内容】


台風の影響で参加された先生が少なかったので今回はレベル1、レベル2 合同で行われました。
坂口会長先生のねじれと軸の講義を体の動きを交えて説明され
大変わかりやすくなったと思います。

体の歪みの体型別の説明と検査法を詳しく説明されレベル1の先生も
体型別で操法が違うことがわかったと思います。
今は難しいかもしれませんが、記憶しておいて下さい。
これからレベル2の先生方のように操法が出来てきます。

new_DSCN2105大.jpg


ねじれの検査法、重心の検査法、軸の検査法を坂口会長先生から公開して頂きました。


レベル1の先生は初めての検査法ですが、これからこの検査法を付け加えて
検査をして下さい。とても参考になったと思います。

合同でレベル1の先生の体の検査

先輩先生の検査の仕方や体の歪みの見方が理解できたと思います。
検査をして体型別で分類してから操法に入ります。

new_DSCN2100大.jpg

ねじれ、重心、軸、流れの検査の方法

L5の調整

椎骨の位置を探すのに大変苦労しましたが、坂口先生の探し方や平瀬先生の探し方を参考にして、椎骨の位置を確認していきましょう。


人によって椎骨の位置が違います、L5 が小さかったり、沈んでいたり
とてもわかりにくい人もいます。何回も練習して下さい。

体型別によってL5の刺激の入れ方が違うのが理解できたと思います。
今まで通りでも間違ってはいませんが、体型別の呼吸で操法するとより効果が有ります。

new_DSCN2102大.jpg

L5の牽引操法

歪みの体型別での操法の違いを検証してみました。
牽引の仕方も色々ありましたが、自分の体に合った方法で操法して下さい。

L5の調整とけん引をする前にレベル1の先生方は股関節操法をしてから、
レベル2の先生は足底の調整をしてから操法をしてみて下さい。


new_DSCN2108大.jpg


坂口会長先生の椎骨の刺激の入れ方を詳しく説明されました。
呼気の刺激、吸気の刺激の違いなど少しは理解できたと思います。
各自、実践して下さい。意味があることをわかって操法すると効果が違います。
歪みの分類と体型の分類を理解していきましょう。

レベル1の先生方は今回は少し難しことが多かったと思いますが、
参考にして色々考えて下さい。



レベル2の先生と一緒に勉強したことが、将来とても役に立つと思います。
色々の情報がたくさんあって頭の中が、混乱していると思いますが、
ゆっくり整理してまとめてください。まずは基本操法を覚えて理解して
いきましょう。

来月は、10月8日の第二日曜日です。間違えないようによろしく
お願いします。



『バランス反射療法研究会本部』 

[電話]06-6671-9369

[fax to]06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。