So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

6月バランス反射療法研究会・手首の持ち方の順番 [研修会レポート]

6月11日大阪上本町・吉野旅館にてバランス反射療法研究会の定例講習会が行われました。


【研修内容】

レベル1 一年目

L4 L3の調整 中殿筋操法

L3 L4の位置の確認
それぞれの歪みのパターンの説明
調整の仕方
ポイントの確認、圧定の手順、呼吸、離し方が講習されました

L3L4の調整で検査後どのように身体が変化したか理解できたと思います。

椎骨の歪みのパターンを理解して、どの筋肉に関連して動くのか
理解できたとおもいます。

中殿筋操法
ポイントの確認
圧定の手順 刺激の入れ方 呼吸
離し方

下肢の固定ポイントと呼吸
下肢の開脚の仕方

中殿筋の緊張を取った時の椎骨の歪みの変化

今回は圧定のポイントを確認するのに時間がかかりましたが
椎骨の位置を各自で練習しておいてください

new_DSCN2065大.jpg


レベル1  2年目

L5・腸骨の離開の操法

重心の見方の検査法
検査は少し難しいかもしれませんが練習して慣れてください。
検査法は色々ありますが、これから体の見方を観察してください

椎骨の位置は人によっても違います腸骨とL5の位置を確認して
探してください。

L5と下肢からの調整
ポイントを探す時も強く押さないでください
体さばきも重要です、無理のないように下肢を持って
呼吸と刺激の方向を考えて操法してください。

検査がわからなければ体の分類も出来ません

検査法も重要です。

new_DSCN2069大.jpg

レベル1   3年目

C7操法

手のしびれ、痛みのある人に効果的です。
検査をしてどちら側を操法するか理解できたと思います。

手の開く呼吸、締める呼吸を考えて操法して下さい。
バンザイ検査や流れの検査、重心の検査、ねじれの検査
の復習を行いました。
検査はとても難しく、奥が深いので毎日練習して下さい。

C7の調整で体の変化が少しは理解できたと思います。
C7だけでも体の歪みが整います。
自信を持って操法して下さい。

new_DSCN2070大.jpg

レベル2

二頭筋、三頭筋操法の実技・解説

会長先生の実技指導のもと「改良ポイント」の実技を一つ一つ
確認しながら、詳しく講習が行われました。

上級の先生方も操法の手順・呼吸・方向・ポイントを確認しながら
理論・手技を反復練習されていました。
基本の基本です、見直して実践してください。

基本を忘れている事もあります。とても貴重な時間でした。

手首の持ち方の順番と離し方の順番
今までのとは少し違います。
間違えると検査の結果がよくありません

手から正中操法の時に使ってください。

new_DSCN2066大.jpg


挙筋と鎖骨下筋の操法の順番
操法には順番がある事が理解できたと思います。
今回は時間がなく検証が途中でしたが来月続きをします。
挙筋や鎖骨下筋の固定箇所と方向など再検証が必要です。
来月を楽しみにしていてください。

基本の操法の見直し、再確認も必要でした。
新たな発見があったと思います。自信を持って操法して下さい。

次回は7月16日第三日曜日です。間違えのないようにして下さい。




『バランス反射療法研究会本部』 

[電話]06-6671-9369

[fax to]06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0