So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

10月バランス反射療法・定例研修会 仙骨、S2・S3の調整 [研修会レポート]

10月8日(日)大阪の上本町 吉野旅館にて定例研修会が行われました。

【研修内容】


レベル1

「AS・PI操法」

講師先生の指導のもと、実技実践を行いました。
「操作の手順・呼吸・方向・ポイント」と流れを確認しながら
講習が行われました。

足の持ち方や自分の位置・体さばき、方向、呼吸には
それぞれ意味がありますが、まずは、操作の形・動き、体さばき
を主に練習して慣れて下さい。

「二頭筋・三頭筋操法」が上肢の基本操法であるように
「AS・PI操法」は下肢の基本操法になります。
二頭筋・三頭筋操法の動きを理解することで「AS・PI操法」の
動き・操法が習得できやすくなります。
この操法で、更なる操法の応用に結びつけて下さい。

new_DSCN2113大.jpg



レベル1  2年目以降

「ねじれ・軸の調整+AS・PI操法」

講師の先生方の指導のもと、実技実践が行われました。
「操法の手順・呼吸・方向・ポイント」と流れを確認しながら
講習が行われました。

足の持ち方・体さばきをさらに、確認し直しました。
固定ポイントの手の位置を確認して下さい。
流れによっての、足の持ち方、固定、体さばきを確認して下さい。

ねじれと軸の調整を加えて、どちらか側から操法するか理解できたと
思います。
ねじれのポイントと軸のポイントを区別して操法してください
少し複雑かもしれませが練習して下さい。

「AS・PI操法」は色々の操法と組み合わせて応用して下さい。
「二頭筋・三頭筋操法」で上肢から歪みを整え
「AS・PI操法」で下肢から歪みを整え全身のバランスを整えて
下さい。
基本操法をもとに、色々な操法と共に応用でき、
色々な症状にも応用できます。

new_DSCN2115大.jpg


レベル2

「S2・S3の調整」

今回もS2・S3の調整の検証をしました。

S2・S3の位置の確認をして、微妙な位置の違いで検査の結果が変わってくるのが理解出来たと思います。
坂口会長先生のS2・S3の探し方を参考にしてください。

最初は検証結果は様々でしたが、再度検証をして微妙な差を確認できたと思います。
検証の結果でS2・S3が体の歪みの何に関連しているのか理解できたと思います。
体型別の違いで調整の仕方や操法の順番も変わってきます。

今までのS2・S3の考えとは違います。
調整の仕方を考えて操法して下さい。

操法をして何が変わったか、理解できたと思います。
一例として膝が軽くなったと言われた先生もいました。

これからの治療に役立ててください。

緊張しているから緩めるだけの治療ではありません
一つ一つに意味があります。これからも検証して、いい結果を出して
自信をもって操法して下さい。

new_DSCN2110大.jpg


来月は11月19日第三日曜日です。間違えないようにして下さい。
また、楽しい研修会にしていきましょう。









『バランス反射療法研究会本部』 

[電話]06-6671-9369

[fax to]06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード

nice!(0)  コメント(0) 

9月定例研修会 L5の牽引操法 [研修会レポート]

9月17日(日)大阪の上本町 吉野旅館にて定例研修会が行われました。


【研修内容】


台風の影響で参加された先生が少なかったので今回はレベル1、レベル2 合同で行われました。
坂口会長先生のねじれと軸の講義を体の動きを交えて説明され
大変わかりやすくなったと思います。

体の歪みの体型別の説明と検査法を詳しく説明されレベル1の先生も
体型別で操法が違うことがわかったと思います。
今は難しいかもしれませんが、記憶しておいて下さい。
これからレベル2の先生方のように操法が出来てきます。

new_DSCN2105大.jpg


ねじれの検査法、重心の検査法、軸の検査法を坂口会長先生から公開して頂きました。


レベル1の先生は初めての検査法ですが、これからこの検査法を付け加えて
検査をして下さい。とても参考になったと思います。

合同でレベル1の先生の体の検査

先輩先生の検査の仕方や体の歪みの見方が理解できたと思います。
検査をして体型別で分類してから操法に入ります。

new_DSCN2100大.jpg

ねじれ、重心、軸、流れの検査の方法

L5の調整

椎骨の位置を探すのに大変苦労しましたが、坂口先生の探し方や平瀬先生の探し方を参考にして、椎骨の位置を確認していきましょう。


人によって椎骨の位置が違います、L5 が小さかったり、沈んでいたり
とてもわかりにくい人もいます。何回も練習して下さい。

体型別によってL5の刺激の入れ方が違うのが理解できたと思います。
今まで通りでも間違ってはいませんが、体型別の呼吸で操法するとより効果が有ります。

new_DSCN2102大.jpg

L5の牽引操法

歪みの体型別での操法の違いを検証してみました。
牽引の仕方も色々ありましたが、自分の体に合った方法で操法して下さい。

L5の調整とけん引をする前にレベル1の先生方は股関節操法をしてから、
レベル2の先生は足底の調整をしてから操法をしてみて下さい。


new_DSCN2108大.jpg


坂口会長先生の椎骨の刺激の入れ方を詳しく説明されました。
呼気の刺激、吸気の刺激の違いなど少しは理解できたと思います。
各自、実践して下さい。意味があることをわかって操法すると効果が違います。
歪みの分類と体型の分類を理解していきましょう。

レベル1の先生方は今回は少し難しことが多かったと思いますが、
参考にして色々考えて下さい。



レベル2の先生と一緒に勉強したことが、将来とても役に立つと思います。
色々の情報がたくさんあって頭の中が、混乱していると思いますが、
ゆっくり整理してまとめてください。まずは基本操法を覚えて理解して
いきましょう。

来月は、10月8日の第二日曜日です。間違えないようによろしく
お願いします。



『バランス反射療法研究会本部』 

[電話]06-6671-9369

[fax to]06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


nice!(0)  コメント(0) 

8月の定例研修会・足底筋からの操法の手順 [研修会レポート]

8月20日(日)大阪の上本町 吉野旅館にて定例研修会が行われました。


【研修内容】


レベル1 1年目

小転子操法

大腰筋の基礎知識の講習で大腰筋が緊張すると体の歪みが
どのように現れるのか理解できたと思います。

小転子・大腰筋の位置を確認して
操法の手順・体さばき・方向・呼吸など
間違えないようにしてください。

操法の手順をスムーズに流れるように練習しましょう
大腰筋が緊張して腰痛になる人が多いので試してください。

new_DSCN2096大.jpg


レベル1 2年目

鎖骨下操法

流れる側と流れない側の使い分け

操作の手順・角度・方向・呼吸・ポイントを確認しながら
講習が行われました。

操法の使い分けの違いを間違えないようにして
鎖骨下筋のポイントを軽く固定してください。

鎖骨下筋操法は基本の操法ですので何回も練習して覚えてください。

new_DSCN2099大.jpg


レベル2

足底筋の操法の順番

足底からの仙骨、腸骨、L5、骨盤周りを整える操法です。

足底からのポイントの使い分けと順番の検証を今回も行いました。
体の歪みの分類によって使うポイントが異なります。
刺激を入れる順番も体型によって異なり、少し複雑になっています。

ポイントによって足底から何を調整しているのか理解できたと思います。
歪みの分類による操法の使い分けをして実践で使ってください。

今まで使っていたポイントを確認して呼吸や方向、順番を考えて操法して下さい。
バランス反射療法の理論が理解できて楽しくなっていきます。

いい結果がでると思います。自信を持って操法して下さい。

new_DSCN2093大.jpg


9月は第三日曜日の17日です。間違えのないようにお願いします。





『バランス反射療法研究会本部』 

[電話]06-6671-9369

[fax to]06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


nice!(0)  コメント(0) 

7月の定例研修会・小菱形筋、挙筋、鎖骨下筋の調整 [研修会レポート]

7月16日(日)大阪の上本町 吉野旅館にて定例研修会が行われました。

坂口会長先生から、レベル別の研修の前に合同で股関節操法の実技実践の
復習、再確認が有りました。
追加として、軸の捻転操法を披露していただきました。


new_DSCN2076大.jpg



【研修内容】


レベル1

足関節操法

足関節の変位と相関連動の説明で理解できたと思います。

基礎
足首の固定のポイント「操法の手順・方向・呼吸」
前後系を固定して足関節の持ち方を確認して下さい
基本の操法ですので、練習して慣れて下さい。

足関節から前後の調整です。


new_DSCN2083大.jpg


レベル1 2年目

足関節の調整

前後、ねじれ系を確認して操法して下さい

それぞれのポイントの固定を確認して操法の手順・方向・呼吸
刺激の入れ方、体さばき、足関節の持ち方など実技講習が行われました。

少し難しいですが、前後系、ねじれ系、を分けて操法して手順を
慣れて下さい。
固定のポイントが多くありますが、確認して練習して下さい。

とても重要な操法です。

この操法をするには検査が重要になっています。
検査の練習も忘れず行ってください。


new_DSCN2081大.jpg


レベル2

股関節操法

新しい足関節・かかとからの調整です。
足関節・かかとから体の歪みやねじれ、重心を調整できます。
改良のポイントを確認して下さい。

坂口会長先生の実技と講習で意味を理解してみなさん
各自練習されていました。

操法の手順、固定のポイント、足関節の持ち方、かかとの持ち方
刺激の方向を間違えないよう、練習して下さい。

今以上、良い結果がでます。

足関節・かかとからの調整で何をして体が変化したのか理解できたと思います。
何を変えたいのかわかって操法すると良い結果が出るのは勿論、操法が楽しくなります。

検査をしっかり練習して下さい。
理論も大切ですが、操法の手順など何回も繰り返し練習して下さい


new_DSCN2077.jpg

小菱形筋・挙筋・鎖骨下筋の調整の手順

今回もみなさんで検証してみました。前回の続きです。
体の歪みの分類で操法の手順が変わってきます。その検証でした。

各ポイントの方向、刺激の入れ方が微妙に違うと結果、検査が違います
ポイントの確認と方向を見直して下さい。
検証の結果はグループで少し違っていましたが、坂口会長先生から解説が
有り、治療に使う時の手順などの説明で理解できたと思います。
これからの治療の参考にして操法してください。いい結果がでると思います。

理論は治療をしながらゆっくり考えて下さい。

new_DSCN2078大.jpg


8月は第三日曜日の20日、大阪会場です。間違えのないように
よろしくお願いします。



『バランス反射療法研究会本部』 

[電話]06-6671-9369

[fax to]06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


6月バランス反射療法研究会・手首の持ち方の順番 [研修会レポート]

6月11日大阪上本町・吉野旅館にてバランス反射療法研究会の定例講習会が行われました。


【研修内容】

レベル1 一年目

L4 L3の調整 中殿筋操法

L3 L4の位置の確認
それぞれの歪みのパターンの説明
調整の仕方
ポイントの確認、圧定の手順、呼吸、離し方が講習されました

L3L4の調整で検査後どのように身体が変化したか理解できたと思います。

椎骨の歪みのパターンを理解して、どの筋肉に関連して動くのか
理解できたとおもいます。

中殿筋操法
ポイントの確認
圧定の手順 刺激の入れ方 呼吸
離し方

下肢の固定ポイントと呼吸
下肢の開脚の仕方

中殿筋の緊張を取った時の椎骨の歪みの変化

今回は圧定のポイントを確認するのに時間がかかりましたが
椎骨の位置を各自で練習しておいてください

new_DSCN2065大.jpg


レベル1  2年目

L5・腸骨の離開の操法

重心の見方の検査法
検査は少し難しいかもしれませんが練習して慣れてください。
検査法は色々ありますが、これから体の見方を観察してください

椎骨の位置は人によっても違います腸骨とL5の位置を確認して
探してください。

L5と下肢からの調整
ポイントを探す時も強く押さないでください
体さばきも重要です、無理のないように下肢を持って
呼吸と刺激の方向を考えて操法してください。

検査がわからなければ体の分類も出来ません

検査法も重要です。

new_DSCN2069大.jpg

レベル1   3年目

C7操法

手のしびれ、痛みのある人に効果的です。
検査をしてどちら側を操法するか理解できたと思います。

手の開く呼吸、締める呼吸を考えて操法して下さい。
バンザイ検査や流れの検査、重心の検査、ねじれの検査
の復習を行いました。
検査はとても難しく、奥が深いので毎日練習して下さい。

C7の調整で体の変化が少しは理解できたと思います。
C7だけでも体の歪みが整います。
自信を持って操法して下さい。

new_DSCN2070大.jpg

レベル2

二頭筋、三頭筋操法の実技・解説

会長先生の実技指導のもと「改良ポイント」の実技を一つ一つ
確認しながら、詳しく講習が行われました。

上級の先生方も操法の手順・呼吸・方向・ポイントを確認しながら
理論・手技を反復練習されていました。
基本の基本です、見直して実践してください。

基本を忘れている事もあります。とても貴重な時間でした。

手首の持ち方の順番と離し方の順番
今までのとは少し違います。
間違えると検査の結果がよくありません

手から正中操法の時に使ってください。

new_DSCN2066大.jpg


挙筋と鎖骨下筋の操法の順番
操法には順番がある事が理解できたと思います。
今回は時間がなく検証が途中でしたが来月続きをします。
挙筋や鎖骨下筋の固定箇所と方向など再検証が必要です。
来月を楽しみにしていてください。

基本の操法の見直し、再確認も必要でした。
新たな発見があったと思います。自信を持って操法して下さい。

次回は7月16日第三日曜日です。間違えのないようにして下さい。




『バランス反射療法研究会本部』 

[電話]06-6671-9369

[fax to]06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


2017年バランス反射療法研究会公開セミナー・5月 [研修会レポート]

5月21日大阪上本町・吉野旅館にて公開セミナーが開催されました。

坂口会長先生のあいさつ、講師の紹介、新人の先生の自己紹介

坂口会長先生による【バランス反射理論】
新人の先生とすべての先生に講習されました。

公開セミナーの理論講習は当会の特色であります。
【バランス反射療法】の理論である歪みの分類・相関連動の法則が
ホワイトボードでの講習です。

前後・流れ・捻じれ・重心・軸の歪みの分類や法則性について
動き分類からの説明と体型の分類法を説明されました。

前回と類似の内容ですが、何回も聞くと新たな発見も有り、より理解できたと
すべての先生方は感じたと思います。

new_DSCN2053大.jpg


【研修内容】

レベル1

上腕二頭筋 長頭腱・短頭腱のはじき法

腱への刺激は小脳を介した反射を利用した即効が得られるものです。
バランス反射療法の理論の基に上腕二頭筋の長頭腱・短頭腱のはじき法

ゆがみのタイプによってはじき方の違いが理解できたと思います。
またテーピングも理論に基づいて貼る方向に違いがあることが理解できたと思います。
即効性が有ります、今回はすぐに使えますので、実践してみて下さい。

検査法も練習して、体のゆがみの分類を理解して実践して下さい。

new_DSCN2058大.jpg


レベル1 2年目以降

ねじれの検査法

体のゆがみの型の分類に必要になってきます。

今回の坂口先生の講習でのねじれの説明で、より理解出来たと思います。

検査法も色々ありますので、何回も練習して体のゆがみをみてください。
ねじれ系を加えた操法で効果が変わってきます。
治療に使ってみて下さい。

午後からはバランス反射療法理論に基づくテーピング法で体の変化を理解
出来たと思います。

new_DSCN2056大.jpg


レベル2

下肢の揺らし操法

ゆさぶり一つをとってもバランス反射療法の理論に伴なっています。
体型の分類によって操法の違いやゆさぶり回数も違います。

今回も検証してみました。検査の難しさや操法の難しさ、固定の方法など
細かな所の違いによって操法の結果が変わってきます。

固定や方向、揺さぶる回数など体の歪みの分類での違いが理解できたと
思います。

とても奥の深い操法での理論で揺さぶるといい結果がでます。
練習して下さい。

検証を続けていくと理解がしやすく理論が繋がっていきます、自信を持って
いい結果を出して下さい。

new_DSCN2060大.jpg


今回で今年の公開セミナーは終わります。次回は来年になります。
公開セミナーに参加された先生方、ありがとうございました。
体の歪みの分類や理論を理解して治療すると効果もよく楽しくなっていきます。
知っているのと知らないのでは治療効果も大差がでてくると思います。
 
6月は第二日曜日の11日です。間違えないようにして下さい。




『バランス反射療法研究会本部』 

[電話]06-6671-9369

[fax to]06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


2017年バランス反射療法研究会公開セミナー・4月 [研修会レポート]

今年も4月9日大阪上本町・吉野旅館にて公開セミナーが開催されました。

坂口会長先生のあいさつ、講師の紹介、新人の先生の自己紹介

坂口会長先生による【バランス反射理論】
新人の先生とすべての先生に講習されました。

公開セミナーの理論講習は当会の特色であります。
【バランス反射療法】の理論である歪みの分類・相関連動の法則が
ホワイトボードで講習されました。

前後・流れ・捻じれ・重心・軸の歪みの分類や法則性について
動き分類からの説明と体型の分類法を説明されました。

新人の先生方は歪みの検査法を詳しく説明され
検査で何を見て、どのような歪みがあるのか、
検査の方法や歪みの見方を少しは理解できたと思います。

検査だけでも難しいと思いますが、基本の
検査で歪みを分類してから操法に入ります。
検査がわからなければ、何も操法できません。

new_DSCN2039大.jpg


午後から検査の仕方

自分の体型を確認

二頭筋腱ハジキで体の変化を確認

坂口会長先生の二頭筋・三頭筋操法の実技実践で
体の歪みの変化が理解できたと思います。

また操法の軽い刺激で体が変化することがわかったと思います。

これから検査の重要性がわかると思いますので練習して
慣れて下さい。


レベル1 2年目以降

重心・軸・捻じれの検査法

前後・流れの基本操法に捻じれを加えた操法
体型の分類での操法と検査法
重心の操法と検査法

基本の操法のワンランク上の操法です。
まずは検査法を覚えて下さい。検査の練習をしましょう。

少し難しくなってきますが、いい結果がでます。
体の見方や変化が理解できるようになってきますので
楽しみにしていてください。


new_DSCN2042大.jpg


レベル2

広背筋と小菱形筋の調整

体型の分類によって操法の手順が変わってきます。
今回も広背筋と小菱形筋の使い分けの検証です。
力をつけるのか力を緩めるのかによって体の歪みに変化が現れます。

体型の分類によってどちら側を操法するか検査が難しいです。
また広背筋や小菱形筋のポイントの違いで検査結果も違ってきます。

ポイントの確認もとても勉強になったと思います。
検証が続いていますが、検証をする事によって色々と体の歪みの
理解ができて来ます。バランス反射療法の理論についてみなさん理解度が
増してきています。自信を持って操法して下さい。

体型別の操法でよりよい結果がでてきていると思います。

これからもよりよい結果を求めて勉強して検証していきましょう。

new_DSCN2045大.jpg


5月は第三日曜日 21日大阪会場です。日にちを間違えないように
して下さい。

坂口先生の理論の講習をもう一度、復習して理解を深めてください。
また新しい発見があるかもしれません、今までは理解できていなかった
事が講習を聞くことによってよりわかりやすくなってきています。
何回も聞くことをおすすめします。


2017年公開セミナー開催のお知らせ


【大阪セミナー】   5月 21日(日)上本町 吉野旅館


[申し込み方法]
【バランス反射療法研究会】まで、FAXか電話で公開セミナー要綱を
請求のうえ添付の申し込み用紙にて、お申込みしてください。
公開セミナー要綱請求の際、住所・氏名・電話番号・FAX番号を明記の上
FAX・電話にてお伝えください。折り返し発送します。







『バランス反射療法研究会本部』 

[電話]06-6671-9369

[fax to]06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


3月定期研修会・中殿筋と大殿筋の調整、刺激の入れ方と操法の手順 [研修会レポート]

3月19日(日)大阪上本町 吉野旅館にて【バランス反射療法研究会】 の定例講習会が行われました。

【研修内容】


レベル1・1年目 2年目

合同で復習会、この1年間研修会で習った操法を使って、患者様への
歪みの説明から、治療の流れを研修しました。

足関節操法、AS PI L3 L4 棘上筋、肩井など用いて
体の変化を確認しながら実技、操法の研修が行われました。

患者様への体の歪みの説明と治療の方法の流れが理解できたと思います。

歪みの説明はとても重要で、操法で何をしているのか、患者様に理解
して頂くことができます。

1年間の基礎操法を復習して、理解を深めたと思います。

体の歪みの検査、見方もこれから必要になりますが次回からは
ワンランクアップした歪みの法則、歪みの分類によっての操法の
使い分けなどがあります。

来期もレベルアップを目指して勉強していきましょう。

new_DSCN2029大.jpg


レベル2

中殿筋と大殿筋の調整、刺激の入れ方と操法の手順

中殿筋と大殿筋の体型の違いによる調整の方法です。

同じ筋肉でも刺激ポイントの違いで検査結果が異なって来ます。

より良い操法で、よりいい結果を検査で見分けて下さい。
検査の重要性を再確認できたと思います。

中殿筋と大殿筋への刺激の入れ方によるポイントの違い

歪みの分類、体型の違いによる操法の手順、順番の違い

中殿筋の調整で何が変わるかが理解できたと思います。
ポイントの違いの意味も、体の変化も、レベルアップしています。

よりいい結果を出すには操法の手順や刺激の入れ方の方法によって変わっ
てきます。

今まで以上に症状の改善や持続性がよくなってきます。

これからも、検証して体の歪みの法則や刺激の入れ方を
勉強し、操法の手順を理解して、より良い結果を出していきましょう

皆さんも理論が理解ができているようです。

来期もレベルアップした操法で患者様に喜んでいただき
他との違いを実感して下さい。

バランス反射療法の理論と操法を自信を持って行ってください。

new_DSCN2026大.jpg


4月は第2日曜日 9日大阪で公開セミナーを開催します。
知り合いや勉強したい方がお見えでしたら会の方に御紹介ください。


バランス反射療法研究会では、毎年4月・5月に一般の先生に
バランス反射療法の理論・技術に触れていただく機会を
[公開セミナー]という形を設けております。


2017年公開セミナー開催のお知らせ


【大阪セミナー】   4月 9日(日)上本町 吉野旅館
5月 21日(日)上本町 吉野旅館

※大阪のセミナーの内容は基本的に同じです
両方に出席の場合はレベルルを上げて講習いたします。

[申し込み方法]
【バランス反射療法研究会】まで、FAXか電話で公開セミナー要綱を
請求のうえ添付の申し込み用紙にて、お申込みしてください。
公開セミナー要綱請求の際、住所・氏名・電話番号・FAX番号を明記の上
FAX・電話にてお伝えください。折り返し発送します。








『バランス反射療法研究会本部』 

[電話]06-6671-9369

[fax to]06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


2017年バランス反射療法研究会・三陰交と陰陵泉の調整 [研修会レポート]

2月12日(日)大阪上本町 吉野旅館にて【バランス反射療法研究会】 の定例講習会が行われました。

【研修内容】

レベル1

流れる側の股関節操法

「AS・PI操法」を応用して
下肢の挙上、膝関節の伸展時の体さばき
足首の固定のポイント「操法の手順・角度・方向・呼吸」
右流れ・左流れを確認しながら、講習が行われました。

固定のポイントが多くありますので、間違えないようにして下さい。

以前のAS操法やPI操法と同様に体さばきを習得して下さい。

基本の操法ですので、練習して、慣れてください。

new_DSCN2028大.jpg


レベル1 2年目

軸の調整

軸の理論と検査の説明

軸を応用して股関節操法

軸の意味を理解してください。
これから軸を応用した操法が重要になってきます。
重心、ねじれ、軸の関連で操法の方法が変わってきます。

基本ですので色々な操法に使って慣れて下さい。

new_DSCN2032大.jpg


レベル2

三陰交と陰陵泉の調整

坂口会長先生からよく使われる経穴(ツボ)、重要なツボを利用して
体のバランスを整える方法がたくさんあることの説明がありました。

経穴(ツボ)を使ってねじれや重心、軸、など、ねじれ型や左右型に
応用していくそうです。これから説明があると思います。

三陰交と陰陵泉のポイントの取り方

何に関係しているのか、緊張と弛緩の操法の仕方

検証して、何が変わるか理解できたと思います。
操法の方法、手順を間違えると、いい結果はでません

呼吸や順番を理解して操法してください。

体型によって操法の違いをまとめておくと操法の意味が理解
出来ると思います。
少し、むずかしいかもしれませんが慣れて操法していけば
色々とこれからの操法に繋がっていきます。

操法には順番があることをこれから勉強していきましょう。

new_DSCN2025大.jpg


来月3月は第三日曜日19日です。間違えないようにしましょう
今期最後の研修会です。楽しみにしていてください。



バランス反射療法研究会では、毎年4月・5月に一般の先生に
バランス反射療法の理論・技術に触れていただく機会を
[公開セミナー]という形を設けております。


2017年公開セミナー開催のお知らせ


【大阪セミナー】   4月 9日(日)上本町 吉野旅館
5月 21日(日)上本町 吉野旅館

※大阪のセミナーの内容は基本的に同じです
両方に出席の場合はレベルルを上げて講習いたします。

[申し込み方法]
【バランス反射療法研究会】まで、FAXか電話で公開セミナー要綱を
請求のうえ添付の申し込み用紙にて、お申込みしてください。
公開セミナー要綱請求の際、住所・氏名・電話番号・FAX番号を明記の上
FAX・電話にてお伝えください。折り返し発送します。








『バランス反射療法研究会本部』 

[電話]06-6671-9369

[fax to]06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


2017年バランス反射療法研究会・仙腸関節の調整 [研修会レポート]

1月15日(日)大阪上本町 吉野旅館にて【バランス反射療法研究会】 の定例講習会が行われました。


各地で雪の中、研修会が行われました。
交通機関の遅れのため、少し遅れて参加される先生方もいましたが
皆さんとても勉強熱心の先生方です。

【研修内容】


坂口会長先生のAS/PI操法からの仙腸関節の調整を全員の前で実技を公開
レベル1の先生方は少し難しいかもしれませんが将来のために
参考にしてください。

レベル1

挙上回転操法


肩甲骨と仙骨の歪みが整います。

挙筋の固定、ポイント・方向・呼吸の確認

手の挙上
 
手首の持ち方、挙上する時の呼吸を確認して下さい。
前腕と肩甲挙筋を考えて下さい。

回転

開く呼吸と戻す時の手首の持ち方、固定のポイント
を考えて操法して下さい。

操法の手順を繰り返し練習して、無理のない動きを
習得して下さい。

new_DSCN2010大.jpg



レベル1   2年目

鎖骨下操法

流れる側と流れない側の使い分け

操作の手順・角度・方向・呼吸・ポイントを確認しながら
講習が行われました。

鎖骨下筋のポイントを軽く固定してください。

鎖骨下筋操法は基本の操法ですので何回も練習して覚えてください。

new_DSCN2013大.jpg



レベル2

AS・PI操法プラス仙腸関節の調整


仙腸関節の調整ポイントの確認と刺激の方向などを検証しました。

AS側とPI側のポイントを固定して下肢伸展

どちら側から操法するか間違えないようにしてください。

仙腸関節の調整をして何が変化するか理解できたと思います。

ポイントを探すのに少し難しいのと、ポイントの位置の違いで刺激の方向が
変わることも理解できたと思います。

前回の大殿筋の調整と今回の仙腸関節の調整をすると骨盤周りが
スッキリすると思います。

仙腸関節周りにはたくさんのポイントがありますが
これから教えていただけるようです。

楽しみに待っていましょう。


new_DSCN2015大.jpg


今年も1月は新年会でした。会場近くの国際センタービルの中で
バイキング形式でみなさん楽しんでいました。
普段あまり、お話しできない人との会話や坂口会長先生の治療に対する
考えなどとても有意義な時間でした。
これからも体の歪みの法則を理解して患者様のために頑張っていきましょう。



バランス反射療法研究会では、毎年4月・5月に一般の先生に
バランス反射療法の理論・技術に触れていただく機会を
[公開セミナー]という形を設けております。


2017年公開セミナー開催のお知らせ


【大阪セミナー】   4月 9日(日)上本町 吉野旅館
5月 21日(日)上本町 吉野旅館

※大阪のセミナーの内容は基本的に同じです
両方に出席の場合はレベルルを上げて講習いたします。

[申し込み方法]
【バランス反射療法研究会】まで、FAXか電話で公開セミナー要綱を
請求のうえ添付の申し込み用紙にて、お申込みしてください。
公開セミナー要綱請求の際、住所・氏名・電話番号・FAX番号を明記の上
FAX・電話にてお伝えください。折り返し発送します。








『バランス反射療法研究会本部』 

[電話]06-6671-9369

[fax to]06-6671-9366


バランス反射療法研究会HPはこちらをクリックして下さい。



[和楽堂接骨院ブログ]


にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

整体師 資格・学校net!


BLOGGERSへ



[反射療法] ブログ村キーワード

[手技療法] ブログ村キーワード

[腱はじき] ブログ村キーワード

[手技研] ブログ村キーワード

[会長] ブログ村キーワード
[研修会] ブログ村キーワード
[定例セミナー] ブログ村キーワード
[定期講習] ブログ村キーワード
[講習会] ブログ村キーワード



[柔道整復師] ブログ村キーワード
[整体師] ブログ村キーワード
[あん摩マッサージ指圧師] ブログ村キーワード
[鍼灸師] ブログ村キーワード

[医療従事者] ブログ村キーワード


前の10件 | -